大学生でも上級会員になりたい

貧乏学生ながらJGC入会を目指し奮闘します

成田空港へはどうやって行くのがベストなのか

成田空港遠い

1978年に開港した東京の空の玄関口、成田国際空港

羽田がハブ空港化を目指して国際線が復活した昨今は落ち目な感じが否めませんが、それでも国際線の大半は成田発です。

最近はLCCの就航で国内線の需要も大きいかと思われます。

ただその成田空港、都心、特に新宿方面からはから遠いんです...

 アクセスまとめ

東京都内から成田空港へアクセスする手段はいくつかあります。

ここでは、新宿を拠点に考えてみたいと思います。

代表的なのは以下のプランですかね。

  1. 東京駅までJR+バス
  2. 日暮里までJR+京成 快速/アクセス
  3. 日暮里までJR+京成スカイライナー
  4. 成田エクスプレス(NEX)で直通

1番は、なにより値段が安いです。

バスは東京シャトルとTHEアクセス成田があります。

東京シャトルは東京駅から900円(当日券1,000円)で、

f:id:kanakana3s:20170206001742j:plain

THEアクセス成田も東京駅から1,000円で成田空港まで直行で行けます。

f:id:kanakana3s:20170206001751j:plain

所要時間は1時間ほどです。

どちらも安くて大変人気の路線ですので、特に東京シャトルは予約をおすすめします。

満席の可能性も十分にあります。

LCC利用で価格第一の場合は、このバス一択ですね!

 

2番は、特急料金不要の電車ですので、こちらも安いです。

日暮里からはスカイアクセス特急の場合1,250円(IC料金)、本線経由の特急の場合1,050円(IC料金)です。

所要時間はスカイアクセス特急はバスと同じく1時間弱で、本線経由の特急は90分ほどですが、定時制の面ではこちらの方が優れていると思われます。

 

3番は、有名なスカイライナーを利用する行程です。

f:id:kanakana3s:20170206001715j:plain

日暮里からは最速で36分、料金はライナー券を入れて2,465円(IC料金)です。

乗車時間で考えればこれが最も短いですが、少し座席が固かった記憶があります。

日暮里から最高時速160kmでかっ飛ばすので、成田空港までは一瞬です。

 

4番は、JRの特急である成田エクスプレスを利用する行程です。

f:id:kanakana3s:20170206002036j:plain

新宿から乗り換えなしで直で成田空港に行けるので、利便性は最も高いかと思われます。ただし、ネックはその所要時間の長さと料金です。

まず、新宿から成田空港駅まではだいたい80分はかかります。

また、通常料金ですと普通車の片道で3,190円もかかります。

高いです。遅いですし...

しかし、やはり大きな荷物を持っているときなど、乗り換えが面倒なときがあります。そんな時は、やはりNEXを使いたくなってしまいます。

 

そこで、N’EX往復きっぷの登場です。

www.jreast.co.jp

これは、前日までの購入で、都区内と成田空港を結ぶNEXに

往復4,940円グリーン車は6,480円)で乗れるお得な切符です。

横浜や大宮からの料金設定もあります。

購入は簡単で、利用開始日の前日までに、指定席券売機びゅうプラザなどで購入できます。有効期限は14日間です。

※当日は購入できません。

往復共に座席指定が必要ですが、券売機で簡単に指定できます

また、帰りの分は帰国日当日に座席指定が可能ですので、帰国便の遅延などを気にする必要もありません。

 

片道2,470円で乗れ、スカイライナー利用時に匹敵する運賃で乗り換えなしで成田空港まで行くことができるので、大変便利です。(遅いですが...

 

個人的に、急ぎでない場合はこのN’EX往復きっぷを活用しています。

今のところ、新宿からはこれがベストかなぁと思います。